木陰から差し込む木漏れ日

TOPICS新着情報

助成団体紹介:チームドラゴン②

2020.08.25

チームドラゴンの総務的な事務局的な役割を担うのが、つる詳子さん。球磨川流域の活性化やトレイルランの活動に尽力してこられました。球磨川流域のことはどこを聞いても答えてくれる球磨川流域のスペシャリストです。
 
 
球磨川の豊かさを、嬉しそうに話してくれました。
山々も川も、大好きなことが伝わってきます。
そして人も。
「ここの人たちはどがんしてるかな」
「物資を取りにこれん人もおらすけん、何を困っとるか聞いてこんとね」
「あの人はお弁当あるかな」
住民のこともチームの仲間のことも心配していました。

 
発災後、道が寸断され、車も通れない道や壊れてしまった線路の上を片道4kmも歩いて、調べに行かれたこともあります。
チームドラゴンのメンバーも一緒に行きました。
 
 
1日も休まないモチベーションの根底に、愛があります。
 
 
 
チームドラゴンが、坂本町に集中して支援をしているのはこんな理由が。
 
「坂本は、報道も復興も支援も後手に回ってしまうことは、想像できた。道も通らなかったし、小さい町だから。実際にそうなりました。僕たちは、近くに住んでいるから、最前線で坂本を応援できる。自分たちがやらなくてどうする、と思うんです。」
  
これは代表の吉田さんの言葉です。
 

被災地をどうにかしなきゃ!という気持ちはもちろんですが、何より、ここにある自然を通して、坂本を愛していることが伝わります。  
 
彼らがここまで愛する坂本を、もっと知りたくなりました。 
 


 
============= 
まだまだ支援が必要です。
復興まで長い時間がかかる事が予想されます。
引き続き、ご支援及びシェアのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。
○クレジット寄付の場合(専用URL)
 https://congrant.com/project/kumamoto/1930
○銀行振込の場合(専用口座)
 肥後銀行 江津団地支店 普通 475273
 一般財団法人くまもとSDGs推進財団 代表理事 成尾雅貴
=============

矢印アイコントップページに戻る